那覇→羽田深夜便に乗る人必見!夜の那覇空港周辺の過ごし方!!!

こんにちは。沖縄県在住もうすぐ3年目のJJ(ジェイジェイ)です!

今回は、那覇空港から羽田空港へ夏季限定で就航している、午前2:40のスカイマークの便に乗るときに、空港に着いてから飛行機の搭乗までの流れと少しでも快適に過ごす方法を紹介していきたいと思います!!

那覇空港の深夜便とは?

2019年現在、スカイマークには夏休み頃から秋にかけて、羽田~那覇、羽田~新千歳、名古屋(中部)~那覇の間で深夜便が就航しています!

観光地の沖縄や北海道なので、早朝に着いて朝から遊び散らかしたいという人や、休みの日の最後の最後まで遊び散らかして帰りたいという人には好都合でしかもスカイマークなのでANAやJALよりも安いくてかなり人気がありますね!

私JJも先日、東京へ用事があって一番安かったこの深夜便を使って那覇から羽田まで行ってきましたので、JJの体験談も踏まえてご参考になればと思います!

那覇空港って夜中も開いてるの?

飛行機は良く乗りますが国内線の深夜便は初めてで、流石に深夜に発着があるくらいだからお店の1つや2つ、せめてチェックインカウンター前の椅子ぐらいは開いているだろうと思い、モノレール(ゆいレール)の終電が午前0:07那覇空港着なので、国内線にしては少し早いですがそれに乗って空港まで向かいました。

ところがどっこい、モノレールから直通路で行ける空港の入り口のドアが閉まっているではありませんか!!

この時点で少し嫌な予感がしましたが、とりあえず1階の到着口の方へ行ってみると、、、

建物内に入れないと旅客と思われる人が数名、外の入り口の前で座ってました。。。

入り口前の警備員さんに聞いてみると、「1時まで開かないよ。そこに書いてあるさぁ」と感じ悪く言われました。

どうやら那覇空港は、24時で閉館して立入禁止になり1時になるまで深夜便に乗る人も中に入ってはいけないらしいです。

正直、ナンダソレ、、、変なルール。と思いましたが、もうどこかで暇つぶししようにも終電は終わったし、入れないモノはは仕方がないので外で待つことにしました。

(ちなみにここだけの話沖縄には、生活していて本土の人からすると理解しがたい事が結構あります。笑 それ以上に住みやすい島なのであまり気になりませんけどね^^;)

チェックインまでの間は何ができる?

この逃げ場のない1時間は長ーーく感じて退屈だし、しかもコンビニも閉まっているので食べ物を手に入れる手段がゼロです。お土産も買えません。(自販機は使えます!^^)

最寄の開いているコンビニでも徒歩30分程の距離になるのでとても行く気になりませんよね。。。

なので余裕のある方はタクシーで1時頃に来るか、沖縄在住の知り合いがいる方は送ってもらうのがベストだと思います!

沖縄のタクシーは本土に比べて安く、那覇市内からなら基本1000円切ることが多いので、ギリギリまで国際通りで遊んでタクシーで空港に来るのも良いかもしれませんね^^

空港に入ってからゲートまで

そして1時にやっとこさ建物内に入ることができます。到着口正面の入り口から入り3階のスカイマークのカウンターに向かい、チェックイン開始時間の1:15になったらチェックインを終え、2階にある荷物検査をし、ゲートまで向かいます。

荷物検査後もお店は当然開いていないので、ゲート前でしばらく待って搭乗時間の2:20頃にやっと飛行機に乗れます。

まとめ

というのが、那覇→羽田の深夜便に乗る際の空港についてから飛行機に搭乗するまでの流れになります!!

基本的に、24時~1時の間は空港の中に入れない事、空港に来てしまうと食べ物は手に入らない事くらいは頭に入れておけば、僕の様に夜ご飯は空港で食べようと思っていたのに何もなくて羽田に着くまで何も食べれないという大失敗はせずに済むと思います!笑

皆さんもどうか深夜便に乗る際は夜ご飯は必ず済ましておきましょう^^

以上、JJでした~

Introduce Yourself (Example Post)

This is an example post, originally published as part of Blogging University. Enroll in one of our ten programs, and start your blog right.

You’re going to publish a post today. Don’t worry about how your blog looks. Don’t worry if you haven’t given it a name yet, or you’re feeling overwhelmed. Just click the “New Post” button, and tell us why you’re here.

Why do this?

  • Because it gives new readers context. What are you about? Why should they read your blog?
  • Because it will help you focus you own ideas about your blog and what you’d like to do with it.

The post can be short or long, a personal intro to your life or a bloggy mission statement, a manifesto for the future or a simple outline of your the types of things you hope to publish.

To help you get started, here are a few questions:

  • Why are you blogging publicly, rather than keeping a personal journal?
  • What topics do you think you’ll write about?
  • Who would you love to connect with via your blog?
  • If you blog successfully throughout the next year, what would you hope to have accomplished?

You’re not locked into any of this; one of the wonderful things about blogs is how they constantly evolve as we learn, grow, and interact with one another — but it’s good to know where and why you started, and articulating your goals may just give you a few other post ideas.

Can’t think how to get started? Just write the first thing that pops into your head. Anne Lamott, author of a book on writing we love, says that you need to give yourself permission to write a “crappy first draft”. Anne makes a great point — just start writing, and worry about editing it later.

When you’re ready to publish, give your post three to five tags that describe your blog’s focus — writing, photography, fiction, parenting, food, cars, movies, sports, whatever. These tags will help others who care about your topics find you in the Reader. Make sure one of the tags is “zerotohero,” so other new bloggers can find you, too.